Seeking a comfortable home

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは室内にあるいろいろな物(カビ、埃、ダニ、ホルムアルデヒド、クロルピリホスなどの薬品)などが原因で、呼吸器疾患、湿疹や頭痛、だるさなどを引き起こす。人それぞれ症状は異なる。

化学物質過敏症の原因のひとつでもあるホルムアルデヒドも化学薬品であるために対策はほぼ同じと思います。

2003年7月の建築基準法改正
2004年厚生労働省はに傷病名として「シックハウス症候群」を認定。

この改正により
建築材にホルムアルデビドとクロルピリホスに使用制限がついた。
換気設備を設置する事も盛り込まれている。

建築材については使う場所や面積により基準が定められ

部屋の内装に使う材料は

F★★からF★★★★までに決められ、さらにF★★とF★★★については使用できる面積に制限がある

天井裏等の下地に該当する部分はF★★★★とF★★★までとなっている

現在の規格ではF★★★★が一番ホルムアルデヒドの放散量が少ないために低ホルムアルデビドと言われる

表示について
今まではJIS(日本工業規格)とJAS(日本農林規格)とで異なる表示をしていたが改正建築基準法の施行に伴い統一しました。
段階では
F★★★★~内装材として使用する際に使用制限が無い。
F★★★~~第3種ホルムアルデヒド。使用面積に制限がある
F★★~~~第2種ホルムアルデヒド。使用面積に制限がある
F★~~~~第1種ホルムアルデヒド。使用できない

クロルピリホスは主にシロアリ駆除用の薬品であり内装材には使用できない。

ホルムアルデヒドは接着剤の材料として含まれている劇薬である。ほとんどの家具に使われいます。用途は木部の接着であり集成材にも使われている
主にベット、チェスト、家具、本棚、フローリング、内装ドア、開閉式間仕切り、クローゼット扉、リビング用据置収納、玄関収納、キッチン、カップボード、洗面化粧台、掘りごたつ、床下収納、露出型収納、天井裏収納、屋内階段、TVボード、カーペット、仕上げ塗料、断熱材、壁紙、ワックス。など。

カテゴリー